迫田幸彦のブログ

破壊的なメモ帳の箱部屋

借金相談を大分の弁護士事務所で行ったところ自己破産を勧められた

数社からの借金返済が出来なくなったのは半年ほど前からで、延滞が続いている状況の中、日々の取り立てや催促で疲れ果てていました。
仕事も出来なくなり、収入が途絶えてしまったため、状況は更に悪化していたのです
そんな中、電車に乗っている時に大分県の弁護士事務所で借金相談を行っている広告を目にし、無料で相談を受けることが出来るので利用してみようかと思ったのです。この弁護士事務所は自宅からそれほど遠くない場所にあるので事前に電話で都合を聞いてから大分の弁護士事務所に出掛けました。電話で問い合わせを行った時に印鑑を持って来て欲しいと言われたのですが、これは着手する場合に必要になるからだそうで、取り敢えず相談だけと考えていましたが、言われた通り印鑑を持って出かけました、。借金相談は担当弁護士の質問に答えるような形で行われ、現在の状況や借金の額などからも自己破産の手続きを行う事が借金問題を解決するポイントになると言う事を言われました。自己破産は債務がゼロになる反面、全てを失うと言うイメージがありましたが、自己破産した場合でも残せる財産はある事、弁護士への報酬は破産手続きが完了した後に分割で支払ってくれれば良いなど、自己破産の手続きを大分の弁護士事務所に依頼したのです

働かなくてもお金がもらえる「ベーシックインカム」を導入しても労働需要に影響はないことを示す研究結果
テクノロジーの発展に伴ってさまざまな職業が自動化されるにあたり、テスラのイーロン・マスク氏は「各国の政府はベーシックインカムの導入を検討する必要が出てくる」と予想しています。一方で、生活に必要最低限の資金を無条件に支給されるベーシックインカムの導入には、「 (続きを読む)