迫田幸彦のブログ

破壊的なメモ帳の箱部屋

奈良で債務整理を親切で対応が早い事務所に依頼

私が債務整理をお願いしたのは、奈良のアットホームな法理事務所です。弁護士先生は硬いイメージがあり借金があることをバカにされるのではないかと思っていたのですが、全くそんなことはなくむしろ親身になって相談にのってくれました。
借金をする人の気持ちをよくわかってくれて、これからどうすればいいのかわかりやすく説明してくれました。私が借金をしてしまったことに対して責めるようなことは一切ありませんでした。周りから責められ続けた私は、先生に相談しているうちに思わず涙を流してしまいました。
情けない話ですがそこまで追い詰められていたのです。困ったことがあったらいつでもメールで対応してくれましたし、弁護士事務所だからといって司法書士事務所より高額な料金ということもありませんでした。費用はそんなに変わらないのに何から何までしてもらえました。
任意整理で済んだということもあるかもしれませんが、本当にこんなに簡単でいいのかというほどで拍子抜けしました。
きっと実績があり各方面にコネクションでもあるからではないかと思います。今までくよくよと悩んでいたのが嘘のように借金問題がすぐに解決しました。これからは債務整理に携わってくれた先生たちに感謝しながら節度を守って生活していきます。
「タカタ問題」の論点整理 (1/3) - ITmedia
ITmedia「タカタ問題」の論点整理 (1/3)ITmedia事業継続を前提とする債務整理には、会社更生法に基づくものと、民事再生法に基づく2つの方法がある。おおざっぱな言い方になるかもしれないが、会社更生法では裁判所に任命された管財人が再建業務を実施する。民事再生の場合は現経営者が継続してその任につき債権者 ...and more »(続きを読む)